Go to Contents Go to Navigation

韓国取引所に上場の仮想通貨 時価総額が3年余りで10倍に

記事一覧 2021.03.16 11:05

【ソウル聯合ニュース】韓国国内の取引所に上場された暗号資産(仮想通貨)の時価総額が、ここ3年余りで10倍近くに膨らんだ。けん引役は代表格のビットコインだ。

アップビットのビットコイン価格チャート(資料写真)=(聯合ニュース)

 仮想通貨の取引業界によると、韓国大手取引所アップビットの総合市場指数(アップビット・マーケット・インデックス、UBMI)は15日午後の時点で9742.62と、指数を最初に算出した2017年10月1日(1000)に比べ約10倍に上昇した。

 この指数はアップビットのウォン建て取引市場に上場された全ての仮想通貨を対象に算出しており、全仮想通貨の時価総額の変動と市場の動向を指標化して把握できる。つまり、アップビットのウォン建て市場に上場された全仮想通貨の時価総額が約3年5カ月の間に10倍になったということだ。

 アップビットで取引されるビットコインの価格(終値ベース)は、15日午後の時点で1ビットコイン=6677万7000ウォン(約640万円)と、17年10月1日の496万2000ウォンから大幅に上がった。

 仮想通貨のうち時価総額が最も大きいビットコインを除いても、市場は急成長した。アップビットのアルトコイン指数(UBAI)は15日午後に4753.26を付け、やはり17年10月1日(1000)から大きく上昇した。アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨を指す。

 こうした変動について、ある取引所の関係者は「この3年余りの間にそれだけ仮想通貨への投資家の関心が高まり、取引も増えたということだ」と説明している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。