Go to Contents Go to Navigation

金与正氏の韓米演習非難に「対話に応じるべき」 韓国国防部 

北朝鮮 2021.03.16 11:37

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党副部長が談話で韓米合同軍事演習を非難したことを受け、韓国国防部の夫勝チャン(プ・スンチャン)報道官は16日の定例会見で、「北も朝鮮半島に恒久的で堅固な平和を構築するために対話に応じるなど柔軟な姿勢を示すべきだ」と述べた。夫氏は演習を「定例で実施してきた防御的な性格の指揮所訓練」としながら、こうした見解を示した。

金与正氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 金与正氏は同日発表した談話で、「特段の対策」として、2018年に締結された南北軍事合意の破棄の検討もあり得ると警告した。

 夫氏は「軍事合意は朝鮮半島の平和安定に大きな役割を果たし、軍事的な緊張の緩和という面でも南北間の合意に基づき順守されている」と述べた上で、「そのため持続的に対話を通じた問題解決を(北朝鮮に)促している」と強調した。

mgk1202@yna.co.kr 

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。