Go to Contents Go to Navigation

[韓流]スーパージュニアがニューアルバム 「新たな復興期への転換点に」

記事一覧 2021.03.16 17:25

【ソウル聯合ニュース】韓国の男性グループ、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)が16日、10枚目のフルアルバム「The Renaissance」(ザ・ルネサンス)をリリースした。

「The Renaissance」の発売予告写真(レーベルSJ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 発売にあたって開いたオンライン記者会見で、リーダーのイトゥクは同アルバムについて、ファーストアルバムと一脈通じるところがあるとし、「SUPER JUNIORの原点であり、再復興(ルネサンス)だ」と紹介。同アルバムを新たな復興期への転換点にしたいと思いを語った。

 それだけに、アルバム全般にSUPER JUNIORらしさを詰め込んだ。

 ディスコポップジャンルのタイトル曲「House Party」をはじめ、「SUPER」「Burn The Floor」など収録曲は全10曲。中でも、「House Party」はSUPER JUNIORならではのコミカルで軽快なサウンドとパフォーマンスが際立つ。メンバーも、この曲が「一番SUPER JUNIORらしい曲」(ウニョク)だと話す。

 新型コロナウイルスが流行する中、同曲は「新たなルールに合わせてお互いを守るクールなマナー」などとストレートな歌詞でコロナの時代相を歌う。

 イトゥクは「ポップソングではその時代やメッセージを表現することが大切だと思う。メッセージが重く感じられないよう、にぎやかに、軽快に歌った」と紹介した。ヒチョルは「次の世代が『House Party』を聴いて『コロナって何?』と言う日が早く来ればいい」と思いを語った。

 同曲は「SORRY,SORRY」「Mr.Simple」「Bonamana」などSUPER JUNIORの初期のヒット曲を手掛けた作曲家のユ・ヨンジン氏が単独で作詞し、作曲にも加わった。所属事務所SMエンタテインメントの李秀満(イ・スマン)代表プロデューサーも、より洗練された曲になるようアドバイスしたという。

 アルバムはデビュー15周年を記念して昨年11月に発売予定だったが、延期を繰り返した末、この日ようやくリリースとなった。その理由がまさに「House Party」の編曲作業を繰り返したためだった。それだけ多くの人が熱を入れて曲を完成させた。

 デビュー15周年記念のアルバムとなるだけに、メンバーたちは準備の過程で自らの歩みを振り返ることになった。

 SUPER JUNIORは2005年にデビューし、韓国だけでなくアジア、欧州、南米にまでファンを広げて第2の韓流ブームを巻き起こした。大規模なワールドツアーを展開し、最近でもオンラインコンサートで世界約12万3000人の視聴者を集めるなど健在ぶりを誇示した。

 ウニョクは、12年の仏パリでのコンサートが最も記憶に残っているという。「当時はK―POPがアジアに限られた文化だという認識が強かったが、パリの単独公演はK―POPが欧州にも道を広げていく契機になった」と顔をほころばせた。

 SUPER JUNIORはこの日午後にカムバックステージを行う。デビューしたての頃のような姿をファンに見せるため、06年にリリースした「U」のステージも再現するという。

 今後もグループ、ユニット、ソロでの活動を続けていく予定だ。ドンへとウニョクによるユニット、SUPER JUNIOR-D&Eはフルアルバム、イェソンはソロアルバムのリリースを予定しているという。ドンヘは「これからもSUPER JUNIORという名前でファンと大衆(の記憶)に残りたい」と意欲を新たにした。

SUPER JUNIOR(レーベルSJ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。