Go to Contents Go to Navigation

文大統領 18日に米国務・国防長官と会談

記事一覧 2021.03.17 11:25

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は17日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が18日午後に米国のブリンケン国務長官、オースティン国防長官と会談すると発表した。文大統領がバイデン政権の高官と会談するのは初めて。両長官は17日に韓国を訪問する。

オースティン氏(左)とブリンケン氏=(AP=聯合ニュース)

 バイデン政権は新しい対北朝鮮政策をまとめており、会談は北朝鮮の核問題を含む朝鮮半島問題や北東アジアの安全保障に大きな影響を与えそうだ。

 文大統領は2月4日に行ったバイデン大統領との初の電話会談で、朝鮮半島の非核化と平和定着に向け連携し、早期に包括的な対北朝鮮戦略をまとめることで一致した。

 ブリンケン氏とオースティン氏は18日午前、両国の外交・国防閣僚会議(2プラス2)と在韓米軍の駐留経費負担に関する特別協定(SMA)の仮署名式に出席する。

 文大統領との会談では2プラス2の結果を踏まえ、在韓米軍の駐留経費などさまざまな両国の懸案について意見交換するとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。