Go to Contents Go to Navigation

[韓流]元iKONのB.Iが脱退後初アルバム 収益は全額寄付へ

記事一覧 2021.03.17 14:00

【ソウル聯合ニュース】過去の薬物購入疑惑が報じられて韓国男性グループiKON(アイコン)を脱退したB.I(ビーアイ)が、19日に脱退後初となるアルバム「深い夜の慰め」(原題)を発売する。所属事務所が17日、伝えた。

アルバムの予告イメージ(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 今回のアルバムの著作権料や販売収益、コンテンツ収益は全額が非政府組織(NGO)の「ワールド・ビジョン」に寄付され、国内外の子どもたちへの支援事業に使われる予定だ。

 所属事務所はアルバムについて、「過去の誤った選択を反省し、少しでも世の中に寄与する役割ができればというB.Iのささやかな願いを込めた」と説明した。

 iKONのリーダーだったB.Iは、2019年に知人から大麻などの薬物を購入した疑惑が報じられ、グループを脱退するとともに当時所属していたYGエンターテインメントを退所した。

 その後約1年半のブランクを経て、1月にヒップホップユニット、EPIK HIGH(エピックハイ)の10枚目フルアルバムの収録曲「Acceptance Speech」にフィーチャリングと作詞作曲で参加し、復帰を果たした。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。