Go to Contents Go to Navigation

アストラゼネカ製ワクチン接種後の死者1人に血栓=韓国

記事一覧 2021.03.17 11:55

【ソウル聯合ニュース】韓国で英アストラゼネカ製ワクチン接種後に死亡した人の中に、血栓の症例があったことが分かった。鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長は17日、国会保健福祉委員会の全体会議に出席し、「死亡事例の中で1件ほど、(血栓に関する)解剖所見が報告された」と明らかにした。欧州では、アストラゼネカ製ワクチンの接種後に血栓や脳出血などの症例が報告され、接種の中断が相次いでいる。

アストラゼネカのワクチン(資料写真)=(聯合ニュース)

 鄭氏によると、この死亡例はまだ正式な解剖結果として報告されてはいない。また、接種後の副反応に関する報告の中に血栓の症例はないという。

 血栓が確認されたのは60代の女性で、療養型病院の入院患者だったとされる。

 疾病管理庁の関係者は、17日午後の会見で説明できる部分を発表すると伝えた。同庁など関係官庁でつくる「新型コロナウイルス予防接種対応推進団」も同じく会見で説明する予定だ。

 この日鄭氏が言及するまで、疾病管理庁は血栓の症例に関する事実確認を実質的に先延ばしにしてきた。保健当局のこうした対応が混乱を招いたとの指摘もある。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。