Go to Contents Go to Navigation

[韓流]EXOが参加したコラボ曲の収益金 4年間寄付

記事一覧 2021.03.18 11:18

【ソウル聯合ニュース】韓国の大手芸能事務所、SMエンタテインメントは18日、同事務所に所属する人気グループ、EXO(エクソ)が参加したコラボ曲「Dancing King」の収益金2億7900万ウォン(約2700万円)を4年間にわたり青少年支援事業などに寄付したと発表した。

EXOとユ・ジェソクのコラボ曲「Dancing King」は16年9月にリリースされた(SMエンタテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 「Dancing King」はSMとMBCのバラエティー番組「無限に挑戦」(18年に放送終了)とのコラボにより16年9月にリリースされた曲で、EXOと同番組のレギュラーだった人気コメディアンのユ・ジェソクが歌った。当時、番組ではタイで行われたEXOのコンサートで、EXOとユ・ジェソクが同曲を披露するプロジェクトを進めた。

 SMは制作費などの一部を除いた音源の収益金で寄付を続けてきた。

 児童養護施設退所者の自立を支援するため17日に非営利公益財団「アルムダウン(韓国語で美しいの意)財団」に3200万ウォンを寄付した。このほか、17年から児童・青少年のための音楽教育など計2億4700万ウォン相当の支援事業を行ってきた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。