Go to Contents Go to Navigation

アプリでコロナ検査結果証明 大韓航空が試験導入へ

記事一覧 2021.03.18 15:19

【ソウル聯合ニュース】韓国航空最大手の大韓航空は18日、国際航空運送協会(IATA)と新型コロナウイルス検査結果を証明するアプリ「トラベルパス」の試験導入に向けた業務協約を締結したと発表した。

大韓航空の航空機(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 「トラベルパス」は乗客が各国の入国に必要な新型コロナ検査の結果を確認できるようにしたデジタル証明書。大韓航空は5月から試験的に導入する計画だ。対象となるのは仁川から米ロサンゼルスに向かうKE011便。乗客が仁川国際空港に到着後、空港内の検査センターで検査を受けると1時間前後で結果がトラベルパスに送られる。

 新型コロナウイルス流行後、各国が入国者に対し新型コロナの検査証明書を求め、入国手続きが複雑になった。また、紙の証明書は偽造される恐れもある。

 大韓航空はトラベルパスについて、「IATAは新型コロナの検査結果、ワクチン接種に関する証明を標準化し、信頼できる手段として作ろうとしている。昨年からアプリの開発を進めてきた」と説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。