Go to Contents Go to Navigation

コロナワクチン接種後の北朝鮮支援 「賛成」74%=韓国調査

記事一覧 2021.03.19 11:55

【ソウル聯合ニュース】韓国の大統領直属の諮問機関、民主平和統一諮問会議が19日に発表した世論調査結果によると、韓国で新型コロナウイルスのワクチン接種が十分に行われた後、北朝鮮にワクチンを支援することについて「とても賛成」との回答は30.2%、「おおむね賛成」は43.9%で、計74.2%が賛成の意見を示した。調査は今月12~13日に実施された。

英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン=(聯合ニュース)

 「とても反対」との答えは12.2%、「おおむね反対」は12.2%で、反対意見は計24.4%だった。

 米朝対話の再開のため、米国のバイデン政権が重点を置くべき課題については、43.9%が「北の態度変化に応じた対北制裁の一部緩和」と回答した。「制裁強化などを通じた圧力」は16.0%だった。

 2018年4月と9月の南北首脳会談での合意事項を安定的に履行するための優先課題としては、「対北制裁緩和のため米国など国際社会を説得」(43.6%)を選んだ回答者が最も多かった。

 一方、南北の統一が必要かどうかを尋ねる質問には69.3%が必要と回答し、前年10~12月期の調査(72.0%)に比べてやや減った。

 「北はわれわれにとってどのような対象か」との質問には39.7%が「協力もしくは支援の対象」を選び、前年10~12月期(41.3%)より減少した。「警戒もしくは敵対対象」は37.6%で、前期(36.6%)より増えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。