Go to Contents Go to Navigation

戸建て住宅価格全国1位 今年も故サムスン会長宅=韓国

記事一覧 2021.03.19 14:29

【ソウル聯合ニュース】韓国の戸建て住宅の公示予定価格が19日に公開された。全国の戸建て住宅のうち最も高額な故李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長の自宅の公示価格は今年430億ウォン(約41億円)を超えた。

韓国の戸建て住宅の公示予定価格が19日に公開された(イラスト)=(聯合ニュース)

 公示価格は当局が調査・算定して公示する価格で、課税の基準となる。公示予定価格の閲覧期間は来月7日までで、異議申し立ての処理などを経て最終的な公示価格が決まる。

 ソウル不動産情報照会システムによると、李氏のソウル市竜山区漢南洞の自宅(1245.1平方メートル)の公示価格は431億5000万ウォンで、昨年の408億5000万ウォンから5.6%上昇する。

 全国で2番目に高額な住宅も李氏が所有する同区梨泰院洞の住宅(3422.9平方メートル)で、昨年の342億ウォンから今年は349億6000万ウォンに2.2%上昇する。

 一方、大統領経験者の住宅の公示価格が大きく上昇したことが目を引く。全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領のソウル市西大門区延禧洞にある自宅の母屋(419.5平方メートル)は昨年の30億3700万ウォンから今年は32億7600万ウォンに7.9%上昇する。

 李明博(イ・ミョンバク)元大統領のソウル市江南区論ヒョン洞の自宅(1299.1平方メートル)は101億6000万ウォンから13.9%上昇の115億7000万に、朴槿恵(パク・クネ)前大統領のソウル市瑞草区内谷洞の自宅(570.6平方メートル)は14億6400万ウォンから8.4%上昇の15億8700万ウォンになる予定だ。

 また、故金泳三(キム・ヨンサム)元大統領のソウル市銅雀区上道洞の自宅(340.94平方メートル)は13億300万ウォンから16億1100万ウォンに上がる予定で、上昇率は23.6%となる。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。