Go to Contents Go to Navigation

外国人労働者へのコロナ検査義務化撤回せず 「安全のため」=ソウル市

記事一覧 2021.03.19 15:14

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市をはじめとする一部自治体が外国人労働者に新型コロナウイルスの感染有無を調べる検査を義務付けたことに対し、英国政府などが抗議しているが、ソウル市は19日、この措置を撤回しない方針を示した。

ソウルの新型コロナウイルス臨時検査所で、大勢の市民と外国人が検査の順番を待っている(資料写真)=(聯合ニュース)

 同市の防疫官は新型コロナに関するオンライン記者会見で、防疫上のリスクが高い不特定多数に対する検査履行命令は差別ではなく個人の健康、その集団の安全確保が目的だとし、外国人労働者に検査命令に従うよう求めた。

 ソウル市は今月17日、感染拡大を防ぐため、外国人労働者に検査を義務付ける行政命令を出した。同市によると、17日に4139人、18日に6434人の外国人労働者が検査を受け、このうち6人の感染が18日に判明した。

 市の措置を巡っては、外国人差別であり不当だとする批判が出ている。

 英国のスミス駐韓大使は18日にツイッターに投稿した動画で、こうした措置について、不公平で効果的でもないとの見解を韓国政府やソウル市に明確に伝えたと明らかにした。また、この件を韓国の国家人権委員会にも訴えたと説明した。

 防疫官はスミス氏の投稿に関し、「さまざまなところからの意見に耳を傾け、参考にしたい」と述べるにとどめた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。