Go to Contents Go to Navigation

ファイザー・アストラ製ワクチン 「効果に大きな差なし」=韓国当局

記事一覧 2021.03.19 16:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長は19日の国会答弁で、米ファイザー製と英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、「効果や安全性に大きな差はない」と述べた。韓国では先月下旬から両社のワクチンを使った予防接種が行われている。

鄭銀敬氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 鄭氏は、アストラゼネカ製ワクチンは接種後に血栓ができる副作用が懸念されているとの指摘には、「欧州医薬品庁(EMA)がきょう(同社ワクチンと血栓の)因果関係はないと表明した」と説明。その上で「血栓、血液凝固障害に対しては監視を強化し、専門家委員会を設けて深層分析する」と述べた。

 韓国でワクチン接種後に血栓ができた事例が2件報告されたことについては、「因果関係の調査が進んでいる」と伝えた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。