Go to Contents Go to Navigation

マレーシア 北朝鮮大使館職員に退去命令=断交宣言に「遺憾」

記事一覧 2021.03.19 21:18

【ジャカルタ聯合ニュース】マレーシア政府は19日に発表した声明で、北朝鮮が同国との外交関係の断絶を宣言したことに「深い遺憾」を表明し、在クアラルンプール北朝鮮大使館の職員に対し、48時間以内の退去を命じた。また、2017年に金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアの空港で殺害された事件以降、閉鎖されていた平壌のマレーシア大使館を撤収することを正式に発表した。

19日、クアラルンプールの北朝鮮大使館の様子=(AFP=聯合ニュース)

 北朝鮮外務省はこの日、マネーロンダリング(資金洗浄)に関わったとして無実の北朝鮮国民を米国に引き渡したと主張し、マレーシアとの外交関係を断絶すると宣言する声明を発表した。

 マレーシア当局は2019年、資金洗浄や国連の対北朝鮮制裁違反などの容疑でこの人物を拘束し、米連邦捜査局(FBI)の要請を受けて米国に引き渡した。

 マレーシア政府は声明で、引き渡しの決定は適法に行われたと説明した。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。