Go to Contents Go to Navigation

ソウル市長選 野党候補一本化なら与党大きく上回る=世論調査

記事一覧 2021.03.22 09:29

【ソウル聯合ニュース】4月7日に投開票されるソウル市長選を巡り、保守系最大野党「国民の力」の呉世勲(オ・セフン)候補と中道系野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補のどちらが野党統一候補になっても与党「共に民主党」の朴映宣(パク・ヨンソン)候補を大きく上回るとの世論調査結果が出た。

(左から)朴氏、呉氏、安氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 調査会社、イプソスが中央日報の依頼を受け、19~20日にソウル在住の18歳以上の1002人を対象に調査した結果、安氏が統一候補になる場合、52.3%の支持を得て朴氏(35.6%)氏を16.7ポイント上回った。呉氏が統一候補になる場合も50.6%の支持を得て、朴氏(36.8%)を13.8ポイント引き離した。

 5~6日に実施された同じ調査では安氏が朴氏を5.7ポイント、呉氏は3.7ポイント上回っていたが、差が大きくなった。

 三つ巴の選挙戦になる場合、朴氏が32.9%、呉氏が32.3%と接戦だった。安氏は23.2%だった。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。