Go to Contents Go to Navigation

コロナ克服へ希望伝えるライトショー 26日からソウルのDDPで

記事一覧 2021.03.22 12:35

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウルの東大門デザインプラザ(DDP)の外壁を活用したライトショー「2021 SEOUL LIGHT 春」が、26日から来月1日まで開催される。ソウルデザイン財団が22日、発表した。

「SEOUL LIGHT」のイメージ図(ソウルデザイン財団提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 SEOUL LIGHTはDDP西側の外壁220メートルにプロジェクション方式で映像を投射する「メディアファサードショー」で、2019年12月に初めて開催され、100万人以上の市民が鑑賞して人気を集めた。

 今回のショーのテーマは、19年の「ソウル解夢」に続く「ソウル解夢2」。「ソウルの夢を占う」という意味で、ソウルデザイン財団は新型コロナウイルスで疲弊した市民に「希望の光」を見せるという趣旨だと説明した。美しい花と新しい生命が芽吹く春の雰囲気をDDPの外壁の柔らかい曲面を用いたメディアアートとして表現し、希望のメッセージを伝える。

 メディアアート作品には人工知能(AI)が活用された。ソウルの過去と現在を写した写真600万枚と世界から集めた自然、地理、生態などの写真約1万1000枚をAIに学習させ、新たに創造したイメージが披露される。 

 19年のSEOUL LIGHTを手掛けたトルコ出身の世界的なビジュアルアーティスト、Refik Anadol氏が今回も総監督を務める。

 同氏は、「今回のショーが新型コロナ克服のために最前線で働く世界の医療従事者と、われわれ皆の希望と癒しになることを願う」と述べた。

 今回のショーは新型コロナの感染拡大防止のため事前予約制で行われ、午後7時半から10時まで30分間隔で、1回10分間ずつ1日6回上映される。鑑賞できる人数は各回99人まで。予約はDDPのホームページ(ddp.or.kr)で受け付ける。

 期間終了後は、DDPに設けられるメディアアート鑑賞空間「LIGHT SPACE」とユーチューブチャンネルで公開される。

「SEOUL LIGHT」のイメージ図(ソウルデザイン財団提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。