Go to Contents Go to Navigation

コロナでデザイン登録の出願傾向に変化 生活・衛生用品伸びる=韓国

記事一覧 2021.03.22 14:10

【大田聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大による非対面・非接触の広がりが、デザイン登録の出願傾向も変えている。

コロナ時代の日常に欠かせなくなったマスクなどのデザイン登録が増えている(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国特許庁が22日公表した資料によると、昨年は生活用品、趣味・娯楽・スポーツ用品のデザインの出願件数は増えた一方、美容・雑貨など身の回り用品、布地など基礎製品の出願は減少した。

 2017~19年の生活用品のデザイン出願件数は年平均6840件だったが、昨年は9199件と、3年間の平均に比べ34.5%増加した。趣味・娯楽・スポーツ用品も同期間に2907件から3042件に4.6%増えた。

 これに対し、身の回り用品は9306件から8926件へ4.1%減少し、基礎製品は5772件から4863件へ15.7%急減した。

 品目別では、コロナ時代の日常に欠かせなくなったマスクのデザイン出願件数が同期間に377件から2444件へ約6.5倍に激増した。また、消毒用ブースなど防疫用品は39件から217件へ約5.5倍に増えた。家庭用殺菌消毒器など屋内衛生用品も1355件から3857件へ約2.8倍に増加した。

 一方、新型コロナの流行による外出自粛で、ジュエリーなどアクセサリーのデザイン出願件数は同期間に3277件から2578件へ21.3%減少した。化粧用品は20.6%減、靴とバッグも7.7%と6.1%、それぞれ減少した。

 特許庁は、新型コロナの世界的流行がいつ収まるか見通せないため、こうした傾向はしばらく続くと見込んでいる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。