Go to Contents Go to Navigation

ソウル・景福宮の夜間観覧 4月1日から=韓国

記事一覧 2021.03.22 16:14

【ソウル聯合ニュース】韓国文化財庁の宮陵遺跡本部は22日、ソウル中心部にある朝鮮王朝時代の王宮、景福宮の夜間観覧が4月1日から5月31日まで行われると発表した。

景福宮・勤政殿の夜景(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 1日最大2000人(前売り券購入者1700人、当日券購入者300人)まで観覧できる。観覧券は1人4枚まで購入可能。前売り券は3月25日午後2時から予約サイトのチケット11番街で販売する。前売り券購入者は観覧当日、身分証明書確認後、観覧券を受け取り入場する。当日券は満65歳以上または外国人に限り入場券売り場で購入できる。

 観覧料は3000ウォン(約290円)。国家有功者、障害者、満6歳以下、韓服(韓国伝統衣装)着用者は無料。

 観覧時間は午後7時から9時半まで。休館日は毎週月、火曜日と4月30日だが、第7回宮中文化祝典の期間(5月1~9日)の月、火曜日(5月3、4日)は夜間観覧が可能だ。

景福宮・慶会楼の夜景(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。