Go to Contents Go to Navigation

サムスントップの裁判 虫垂炎の手術で延期に

記事一覧 2021.03.22 20:36

【ソウル聯合ニュース】韓国サムスングループの経営権継承に絡み、資本市場法上の不正取引行為および相場操縦などの罪で在宅起訴された同グループ経営トップでサムスン電子副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)被告の初公判が25日にソウル中央地裁で開かれる予定だったが、李被告の健康状態などを理由に来月8日に延期された。法曹関係者が22日、伝えた。

李被告(コラージュ)=(聯合ニュース)

 先ごろ虫垂炎の手術を受け療養中の李被告の出席が難しいとする弁護人側の要請を裁判所が認めたものとみられる。検察は被告人に出廷義務がない公判準備手続きの形で開廷するよう要請していた。

 関係者などによると、李被告は19日にソウル市内の病院で手術を受けた。同裁判は公判準備手続きを2回終え、初公判を控えている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。