Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏と習近平氏が親書交換 連携強化を確認

北朝鮮 2021.03.23 08:40

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)と中国の習近平国家主席が口頭親書を交換したと報じた。

金正恩氏(左)と習近平氏=(聯合ニュースTV)

 報道によると、金氏は親書で1月に開催した党大会について、「朝鮮半島情勢と国際関係状況の真摯(しんし)な研究・分析に基づき、国防力強化と北南(南北)関係、朝米(米朝)関係に関連する政策的な立場を討議・決定」したことを伝え、「敵対勢力の全方位的な挑戦と妨害策動に対処し、朝中の両国が団結と協力を強化」することを強調した。

 また、「敵対勢力の誹謗(ひぼう)中傷と圧力の中でも社会主義を強固に守りながら豊かな社会を建設するための闘争で目覚ましい成果を成し遂げていることをうれしく思う」と述べた。中国が香港と新疆ウイグル自治区の人権問題で西欧諸国から圧力を受けている中、中国への支持を表明したものとみられる。

 また、金氏は新型コロナウイルスを巡り、中国の防疫成果も賞賛した。

 一方、習氏も金氏に口頭親書を送り、「国際および地域情勢は深刻に変化している」とし、「朝鮮半島の平和・安定を守りながら地域の平和と安定、発展と繁栄のため新しく積極的な貢献をする用意がある」と強調し、朝鮮半島情勢に積極的に介入する意向を示した。

 また、「中朝関係を発展させ、両国の社会主義の偉業が新しい成果を上げるよう、両国の人民により素晴らしい生活を提供する用意がある」とし、北朝鮮に経済支援を行う意思を明らかにした。

 北朝鮮と中国の最高指導者の親書交換は両国が連携し、米国に対抗する意志をアピールする狙いがあるとみられる。

 米国の意図とは裏腹に北朝鮮の非核化問題で中国の役割を期待することは難しいとの見方もある。

 通信は親書を伝えた日時や具体的な経路などについては言及しなかった。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。