Go to Contents Go to Navigation

接触によるコロナ感染 半数は家族間=韓国当局が注意喚起 

記事一覧 2021.03.23 15:51

【ソウル聯合ニュース】韓国防疫当局は23日、新型コロナウイルスの家族間での感染が増加しているとして注意を呼び掛けた。

新型コロナウイルスの家族間の感染が増えていることが分かった(イラスト)=(聯合ニュース)

 中央防疫対策本部によると、ここ1カ月間の感染例の31.7%は感染者との接触によるもので、そのうち50.0%は家族間の感染だったことが分かった。

 家族間以外では知人・友人からの感染が10.0%、職場の同僚からが8.6%だった。

 家族間の感染では、主に上の世代から下の世代に感染させる傾向が目立ったという。

 30~40代の家族が19歳以下に感染させた事例は13.8%だったが、19歳以下が30~40代に感染させた割合は2.9%にとどまった。

 中央防疫対策本部のイ・サンウォン疫学調査分析団長は、この日の会見で「人口構成比を考えても、両親が子どもに感染させる事例がその反対の場合よりもはるかに多かった」とし、手洗いなどの防疫規則をより徹底して守るよう要請した。

 イ氏はまた、「家族に症状が表れた場合、互いのために積極的に検査を受け、結果が出るまでは家の中でもマスクの着用、距離の確保を守ってほしい」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。