Go to Contents Go to Navigation

チョン・ミョンフン氏がピアノソロアルバム発売へ 韓国でリサイタルも

記事一覧 2021.03.23 20:58

【ソウル聯合ニュース】韓国出身の世界的な指揮者、鄭明勲(チョン・ミョンフン)氏が来月、クラシック専門レーベルのドイツ・グラモフォンからピアノソロアルバムを発売し、韓国4都市で2014年10月以来6年半ぶりとなるリサイタルを行う。公演企画会社のクレディアが23日、伝えた。

鄭明勲氏(ユニバーサルミュージック提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ピアノによるアルバムは、2013年12月にドイツの有名レーベル、ECMから発売された「エリーゼのために~マエストロからの贈り物」に続き2作目。今回のアルバムにはハイドン、ベートーベン、ブラームスの後期のピアノ作品が収録される。

 リサイタルは来月23日に大邱、24日に京畿道・軍浦、27日に京畿道・水原、28日にソウルで行う。アルバム収録曲のハイドン「ピアノソナタ第60番」、ベートーベン「ピアノソナタ第30番」、ブラームス「三つの間奏曲」のほか、ブラームスの「四つの小品」も演奏する。

 鄭氏は「昨年、新型コロナウイルスの世界的流行(パンデミック)で大部分の海外オーケストラ公演が中止になり、ピアノ演奏をしながら時間を過ごした。そのような時間がピアニストとして再び舞台に上がるきっかけになった」と説明した。

 また、音楽を通じて人生のさまざまな断面を表現したいという個人的な願望もあったとして、作曲家の晩年の作品を演奏することで人生という美しい旅程と魂の自由を経験したいと述べた。

 昨年は新型コロナの影響でほとんど舞台に立てなかった鄭氏は、昨年12月に自宅のあるフランスから韓国に帰国し、KBS交響楽団と自らが率いるワンコリア・オーケストラでタクトを振った後、フランスに戻った。

 鄭氏は指揮者として世界の舞台で活躍するかたわら、常日頃からピアノ演奏を楽しんできた。19年8月にはワンコリア・ユースオーケストラの定期公演で指揮とピアノの協演を行い、昨年末には新型コロナに苦しむ国民のためにボランティアでピアノ曲4曲を演奏した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。