Go to Contents Go to Navigation

韓国政府がファイザーと契約したワクチン 初回25万人分到着

記事一覧 2021.03.24 09:58

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が米製薬大手ファイザーと直接契約した新型コロナウイルスワクチンの初回供給分が24日朝、韓国に到着した。ワクチンは25万人分(50万回分、1人当たり2回接種)で、4月1日から満75歳以上を対象にした接種に用いられる。

ファイザーは今年、当初の目標を大きく上回る量の新型コロナワクチンを生産する見通しだ(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 ファイザー製ワクチンを積んだ貨物機はこの日午前7時半ごろ、韓国の仁川空港に到着した。物流センターを経由せず、国内の接種センター22カ所に輸送される。

 政府はファイザーと計1300万人分のワクチンの購入契約を結んでいる。初回の25万人分に続き、今月末にも25万人分が韓国に届く。6月までにさらに300万人分の供給を受ける予定。

 先月下旬から医療従事者への接種が始まったファイザー製ワクチンは、ワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」を通じて確保したもので、5万8500人分だった。

 政府がこれまでに確保したワクチンはファイザー製を含め計7900万人分で、このうち1000万人をCOVAXから、6900万人分を製薬各社からそれぞれ調達する。各メーカーとの契約をみると、英アストラゼネカが1000万人分、ファイザーが1300万人分、米ヤンセンファーマ600万人分、米モデルナ2000万人分、米ノババックス2000万人分となっている。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。