Go to Contents Go to Navigation

中国 北朝鮮への石油精製品供給量を4カ月報告せず=国連安保理

記事一覧 2021.03.24 10:45

【ソウル聯合ニュース】中国が北朝鮮への石油精製品の供給量を国連安全保障理事会に4カ月連続で報告していないことが、24日分かった。 

国連に報告された2021年1月の北朝鮮への石油精製品供給量(北朝鮮制裁委員会ホームページから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 国連安保理の北朝鮮制裁委員会のホームページによると、ロシアが今年1月の北朝鮮への石油精製品供給量をゼロと報告したのに対し、中国からの報告はなかった。

 安保理決議により、北朝鮮に供給できる石油精製品は年間50万バレルに制限され、国連加盟国は30日ごとに供給量と金額を報告しなければならない。

 中国はこうした措置が始まった2018年1月から昨年3月までは毎月、決議の内容通りに供給量を報告してきた。20年4月に報告漏れがあったが、5~9月には再び報告を行った。

 だが、昨年10月から今年1月までは中国の供給量は空欄のままだ。一方、ロシアも昨年10月以降は北朝鮮への石油精製品供給量を全てゼロと報告する異例の状況となっている。

 中国とロシアはこれまで北朝鮮に毎月、石油精製品を供給しており、19年1月には合計6500トンに上った。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。