Go to Contents Go to Navigation

現代自動車グループ名誉会長すべての役職退く 5月に総帥交代

記事一覧 2021.03.24 13:10

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車グループの鄭夢九(チョン・モング)名誉会長が24日、グループ傘下の自動車部品メーカー、現代モービスの登記簿上の取締役を退いた。同時に現代自動車の未登記の役員も退き、グループ経営から完全に手を引いた。

鄭夢九氏(現代自動車グループ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 現代モービスはこの日株主総会を開き、取締役選任案などを承認した。

 鄭氏は1970年に現代自動車に入社、77年に現代モービス前身の現代精工の初代社長に就任した。99年には現代自動車会長に就いた。

 同氏は昨年3月に当時グループ首席副会長だった長男の鄭義宣(チョン・ウィソン)氏に現代自動車の取締役会議長を、同10月にはグループ会長職をそれぞれ譲り、名誉会長となった。

 数年前に現代製鉄、現代建設の取締役もそれぞれ退任しており、現代自動車の未登記役員と現代モービスの登記簿上の取締役を残すだけだった。

 現代自動車グループは実質的支配者であるグループ総帥を夢九氏から義宣氏に変更するよう、公正取引委員会に要請済みだ。5月に変更されれば、グループは鄭義宣会長体制への移行を完了することになる。 

鄭夢九氏(左)と鄭義宣氏(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。