Go to Contents Go to Navigation

憎悪犯罪は「同胞の安全問題」 米と緊密協力へ=韓国外相 

記事一覧 2021.03.24 14:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は24日の幹部会議で、米国でアジア系を狙った人種差別的な憎悪犯罪が急増していることに深い憂慮を示し、問題解決のため米側と緊密に協力する考えを明らかにした。

鄭義溶・外交部長官(写真共同取材団)=(聯合ニュース)

 同部によると、鄭氏は「アジア系に対する憎悪犯罪の増加は米国内の同胞の安全問題」と強調。「政府は大きな関心を持ち、同胞の被害予防と安全のため、米政府の各級の関係機関と緊密に協力していく」と明らかにした。

 また、「憎悪と暴力に沈黙せず、断固として立ち向かう米政府の努力を引き続き積極的に支持していく」と述べた。

 17~18日に韓国を訪問したブリンケン米国務長官ともジョージア州アトランタで起きた銃撃事件などについて議論したとして、ブリンケン氏はアジア系社会が安全に生活できるよう対応する姿勢を示したと伝えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。