Go to Contents Go to Navigation

韓国人慰安婦被害者 強制動員否定する日本批判

記事一覧 2021.03.24 14:53

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウルの日本大使館前で24日、旧日本軍の慰安婦問題解決を求める定例集会「水曜集会」が開かれ、慰安婦被害者の李玉善(イ・オクソン)さんが出席した。

集会で発言する李さん=24日、ソウル(聯合ニュース)

 李さんは「(日本は)強制連行したことはないという」として、強制動員を否定する日本を批判した。また、「日本は謝罪をしない」とし、「謝罪は金の問題ではない」と強調した。

 集会を主催する市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)のハン・ギョンヒ事務総長は「あきらめずに集会を続け、日本軍性奴隷制問題の正義の解決に向け進んでいく」と語った。

 李さんは1927年に南部・釜山で生まれ、42年に中国・延吉にあった旧日本軍の「慰安所」で3年間、慰安婦にさせられた。2000年に韓国に戻り、米国やドイツ、日本などで被害事実を証言する活動を行うなど、旧日本軍の蛮行を告発してきた。現在は慰安婦被害者が共同生活を送る施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)で暮らしている。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。