Go to Contents Go to Navigation

1月の出生数6.3%減 人口自然減続く=韓国

記事一覧 2021.03.24 16:32

【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が24日発表した「人口動向」によると、1月の出生数は前年同月比6.3%減の2万5003人だった。1月としては統計を取り始めた1981年以降で最低となった。出生数は2015年12月以降、62カ月連続で前年同月比減少している。

1月の出生数は2万5003人で、1月としては統計を取り始めた1981年以降で最低となった=(聯合ニュースTV)

 1月の死亡数は2万7181人で同4.3%減少した。統計庁関係者は「高齢者の人口は増加しているが死亡数は大きく減少し、全体の死亡数減少に影響を与えたようだ」と説明した。ただ、死亡数減少の正確な原因は9月に発表される統計で確認できるという。

 死亡数が出生数を上回る人口の自然減は15カ月連続となった。1月の減少幅(2177人)は前月(7323人)に比べ縮小した。

 1月の婚姻件数は1万6280件で前年同月比17.9%減少し、1月としては1981年の統計開始以来最も少なかった。離婚件数は同5.2%減の8373件だった。

 同関係者は「人口減少、価値観の変化などの影響で2012年から婚姻件数が減少傾向にあるが、新型コロナウイルス流行の影響で減少幅がさらに拡大した。裁判所の休廷で離婚手続きが長引き、離婚件数も減少した」と説明した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。