Go to Contents Go to Navigation

米偵察機 北朝鮮ミサイル発射前後に韓国上空を飛行=事前に感知か

記事一覧 2021.03.24 21:07

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が黄海上に短距離の巡航ミサイル2発を発射した21日を前後し、米軍の偵察機が韓国上空を飛行していたことが24日、分かった。ミサイル発射の兆候を感知し状況把握を行い、発射後は追加発射に備えたものとみられる。

偵察機E8Cが韓国上空を飛行した(民間航空追跡サイト「okcallsign」のツイッターより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国軍当局や民間の航空追跡サイトによると、20日午前に米海軍の偵察機EP3E1機が、午後に米空軍の偵察機E8C1機がそれぞれ韓国上空を飛行した。

 北朝鮮は21日午前、中部の平安南道から黄海に向け巡航ミサイル2発を発射しており、この動きを事前に把握し、偵察飛行を行ったものとみられる。

 北朝鮮がミサイルを発射した21日午前には米海軍の海上哨戒機P8A(ポセイドン)1機が、午後にはE8C1機が韓国の上空を飛行した。22日午前にも偵察機RC135W1機が韓国上空を飛行した。

 韓国軍関係者は「米軍の偵察機は韓国上空を定期的に飛行する」とし、「北の巡航ミサイル発射前後に航跡が確認されたのは、事前に兆候を感知したためである可能性が高い」と話した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。