Go to Contents Go to Navigation

ソウルで桜開花 観測史上最も早く

記事一覧 2021.03.25 11:36

【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁は25日、ソウル市で24日に桜が開花したと発表した。同市鍾路区のソウル気象観測所にある標本木のソメイヨシノで確認した。昨年より3日早く、1922年の観測開始以来で最も早い開花となった。

ソウル気象観測所で開花した桜の標本木(気象庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ソウルを代表する桜の名所、汝矣島にある桜の標本木はまだ開花していない。

 気象庁は、平年に比べ2~3月の平均気温が高く、日照時間も多かったため開花が早まったと説明している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。