Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮ミサイル発射 「韓米連携で対応」=韓国外交部

北朝鮮 2021.03.25 17:13

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の崔泳杉(チェ・ヨンサム)報道官は25日の定例会見で、北朝鮮が同日に短距離ミサイルを発射したことについて、「深い憂慮を表する」とした上で、「緊密な韓米連携に基づき、関係国と今後の対応に関する協議を強化していく」と述べた。

韓国外交部の崔泳杉報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 同部は米国、日本などと北朝鮮の意図を分析しながら対応などを調整しているようだ。

 魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長が同日午前に米国務省のソン・キム次官補代行(東アジア・太平洋担当)と電話で協議したのに続き、午後には日本外務省の船越健裕アジア大洋州局長と協議を行う。

 同部関係者は「米国もこの状況を非常に警戒しながら見守っている」とし、「対北政策の検討が最終段階に向かっている中、当然良い兆候ではない」と述べた。

 国連安全保障理事会で対応する可能性に関しては、「過去の経験から短距離ミサイルを巡って決議(の採択)や制裁まで行ったことはなく、現在のところ可能性は大きくない」との見通しを示した。

 韓国と異なり、日本は弾道ミサイル発射と断定するなど、韓米日の調整が行われなかったとの指摘に対しては、「各国の事情によってさまざまな考えが内部的にあると思う」とし、「急変する状況では立場を調整するために時間をかけるよりは、基本的な共通認識に基づき、対応は各自が事情に合わせて行う側面がある」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。