Go to Contents Go to Navigation

防疫対策レベルと5人以上の集まり禁止 2週間維持=韓国首相

記事一覧 2021.03.26 09:40

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は26日、新型コロナウイルス感染症対応を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の会議で、1日当たりの新規感染者数が依然300~400人台で推移していることを挙げ、防疫対策「社会的距離の確保」の現行レベルと5人以上の私的な集まり禁止措置を来月11日までさらに2週間維持すると発表した。

会議で発言する丁首相=26日、ソウル(聯合ニュース)

 首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)の社会的距離確保のレベルは上から3番目の第2段階、首都圏以外は同4番目の第1.5段階で据え置かれる。現行レベルの措置は28日に終了予定だった。

 丁氏は「社会的距離確保に対する疲れが大きくなっているが、逆に緊張感が緩んでいることが心配だ」とし、「防疫の停滞期を抜け出して安定期に入れるよう、追加の防疫措置を実施する」と伝えた。不特定多数が集まる施設の利用者管理を強化し、感染が疑われる症状がある場合は施設の利用を制限するとしたほか、症状のある人を迅速に見つけるための検査を拡大すると説明した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。