Go to Contents Go to Navigation

韓国・サムスン重工業 コンテナ船20隻を2700億円で受注

記事一覧 2021.03.26 11:20

【ソウル聯合ニュース】韓国造船大手のサムスン重工業は26日、パナマ地域の船主から1万5000TEU(1TEU=20フィートコンテナ1個分)級の大型コンテナ船20隻を総額2兆8000億ウォン(約2700億円)で受注したと発表した。単一の船舶建造契約としては世界最大規模となる。

サムスン重工業が建造したコンテナ船(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 これらのコンテナ船には燃料節約装置とスマートシップソリューションを搭載する。2025年6月までに順次引き渡す予定だ。

 サムスン重工業は今年に入り、すでに年間目標額の65%に当たる51億ドル(約5570億円、42隻)の受注を達成した。

 また、世界で今年発注された1万2000TEU以上の大型コンテナ船66隻のうち、半分の34隻を受注し、シェア52%で1位に立っている。

 サムスン重工業の関係者は「今年に入り海上輸送量の回復や運賃上昇などで発注環境が好転し、コンテナ船や原油タンカーを中心に受注が続いている」と伝えた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。