Go to Contents Go to Navigation

ICJ付託が最後の手段 韓国人慰安婦被害者

記事一覧 2021.03.26 11:55

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の韓国人慰安婦被害者、李容洙(イ・ヨンス)さんは26日、国家人権委員会を訪れ、崔永愛(チェ・ヨンエ)委員長と面会した。

国家人権委員会に入る李さん=26日、ソウル(聯合ニュース)

 李さんは面会前、記者団に「名誉と人権の回復に向け、最後に国際司法裁判所(ICJ)で明らかにするためここに来た」として、「米国でも裁判を受け、日本でも韓国でもやれることは全部やった」と強調。ICJへの付託が慰安婦問題解決の最後の手段だと訴えた。

 李さんは今月初め、崔氏への映像メッセージを公開し、面会を要請した。慰安婦は「売春婦」だと主張する論文を発表した米ハーバード大ロースクールのジョン・マーク・ラムザイヤー教授への断固たる対処やICJ付託への支持などを求めていた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。