Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子が平均7.5%賃上げへ 社員の要求に大幅アップで呼応

記事一覧 2021.03.26 17:11

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は26日、今年の賃金について平均7.5%引き上げることで労使協議会と合意したと発表した。

サムスン電子=(聯合ニュースTV)

 大卒1年目の年俸は4450万ウォン(約430万円)から4800万ウォンへと350万ウォン引き上げられ、社員全体では平均400万~500万ウォン程度引き上げられるという。

 全社員に支給される福祉ポイントも昨年の70万ウォンから今年は100万ウォンに引き上げられた。

 近ごろIT企業などの平均年俸が1億ウォンを超えたことが話題になり、業界最高の待遇とされていたサムスン電子も今年の賃上げ規模を巡って労使が対立。当初3月初めに終わる予定だった賃上げ案の決定がずれ込んだ。

 当初は労使の調整組織であるサムスン電子労使協議会が最大6%台の引き上げを要求した一方、会社側は3%台を提示しており大きな隔たりがあった。

 サムスン電子は、新型コロナウイルスの感染拡大の中で昨年過去最大の売上高と36兆ウォンに迫る営業利益を記録するなど高い経営成果を上げた点を考慮し、過去10年で最大だった13年に近い水準での賃上げを決定した。

 大幅アップについて、同社の関係者は「主要企業に比べ1.2~1.4倍高い賃金競争力を維持できるように調整した」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。