Go to Contents Go to Navigation

2月のスマホ販売台数 サムスン電子が世界首位

記事一覧 2021.03.28 15:59

【ソウル聯合ニュース】米調査会社ストラテジー・アナリティクスが28日までに公表した調査結果によると、2月に世界のスマートフォン(スマホ)市場で、韓国のサムスン電子は2400万台を販売し、シェア23.1%で首位となった。

ギャラクシーS21(サムスン電子提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 米アップルは2300万台を販売しシェア22.2%で2位だった。次いで中国の小米科技(シャオミ)が11.5%、vivo(ビボ)が10.6%、OPPO(オッポ)が8.5%。

 1月はアップルのシェアが25.4%、サムスンが15.6%だった。

 サムスンの2月のスマホ販売台数は、新型コロナウイルス流行で世界のスマホ市場が大きな打撃を受けた昨年2月に比べ約26%、2019年2月に比べ約12%それぞれ増加した。フラッグシップスマホの新製品「ギャラクシーS21」シリーズの発売が例年より早かったためとみられる。サムスンは毎年2月中旬にギャラクシーSシリーズの新製品発表イベントを開催し、3月に発売してきたが、ギャラクシーS21は1月21日に発売された。

 ただ、アップルの販売台数の増加幅はサムスンを上回った。アップルの2月の販売台数は昨年2月に比べ74%、19年2月に比べ35%それぞれ増加した。

 ここ数年間、2月のシェアはサムスンがアップルより高く、5ポイント以上の開きがあったが、アップルが昨年発売した「iPhone(アイフォーン)12」の人気が続き、今年は両社のシェアが1ポイント差まで縮小した。

 業界関係者は「サムスンとアップルのフラッグシップスマホの競争が激しい中、サムスンがギャラクシーAシリーズなど中低価格帯の製品のプロモーションも積極的に展開し、シェア拡大に向け努力している」と述べた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。