Go to Contents Go to Navigation

「パンデミックに備え国際条約を」 韓国など23カ国の首脳らが共同寄稿 

記事一覧 2021.03.30 00:01

【ジュネーブ聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を含む23カ国・地域の首脳と世界保健機関(WHO)事務局長は29日(現地時間)、パンデミック条約に関する首脳名義の共同寄稿を発表し、各国政府や多国間機構は単独ではパンデミック(感染症の世界的大流行)に対処できないとし、差し迫る危機に備え、新たな国際条約を用意しなければならないと呼び掛けた。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領=(聯合ニュース)

 特に「免疫は世界の公共財であり、われわれは最大限早期にワクチンを開発・生産し、普及させていくべきだ」と強調した。

 そのために「各国が互いに協力してパンデミックに対応するための新たな国際条約を用意しなければならないと信じる」とし、その目標について「汎政府的、全社会的なアプローチを通じて国・地域・グローバルレベルの能力と未来のパンデミックに対する回復力を強化する」と説明した。

 条約には▼警報システム、データ共有、研究、ワクチン・治療薬・診断機器・個人保護設備のような公共保健医療対応策の国際協力強化▼人と動物、地球の健康が互いに連携しているという「ワン・ヘルス」(One Health)アプローチの意識の共有――などが含まれると伝えた。

 共同寄稿には文大統領やジョンソン英首相、マクロン仏大統領、メルケル独首相など23カ国・地域の首脳とWHOのテドロス事務局長が参加した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。