Go to Contents Go to Navigation

中国漁船の違法操業が急増 国連軍司令部と韓国が訓練

記事一覧 2021.03.30 16:31

【ソウル聯合ニュース】在韓国連軍司令部は30日、韓国側と朝鮮半島西端の漢江河口で中国漁船の違法操業に対応する訓練を行ったと明らかにした。

訓練の様子(在韓国連軍司令部のフェイスブックより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同司令部は「北西島しょ付近の中国の操業船数が記録的に増加し、漢江河口を侵犯する危険もいつにも増して高まっている」として、「先週、韓国側と共に任務遂行能力のための訓練を行った」と説明。「いかなる違法行為にも対応する準備ができている」と強調した。

 1953年に締結された朝鮮戦争の休戦協定では、ソウル北方の京畿道坡州市近くから仁川市江華郡付近の漢江河口まで67キロの区間を南北の中立水域に設定した。

 4~6月は北西島しょ海域でのワタリガニ漁の最盛期で、漢江河口の中立水域でも中国漁船の違法操業が増える。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。