Go to Contents Go to Navigation

ソウル市長選 最大野党候補支持56%・与党32%

政治 2021.03.31 10:43

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社、リアルメーターが31日に発表した調査結果によると、ソウル市長選(4月7日投開票)の野党陣営の統一候補、保守系最大野党「国民の力」の呉世勲(オ・セフン)元ソウル市長の支持率は55.8%、革新系与党「共に民主党」候補の朴映宣(パク・ヨンソン)前中小ベンチャー企業部長官は32.0%だった。両候補の差は23.8ポイントとなった。 

選挙運動を行う朴映宣氏(左)と呉氏(国会写真記者団)=30日、ソウル(聯合ニュース)

 調査はYTNとTBSの依頼を受け、29~30日にソウルに在住する18歳以上の1039人を対象に実施された。

 呉氏は国民の力の支持層(97.6%)や中道系野党「国民の党」の支持層(83.9%)、保守層(82.9%)、60歳以上(72.4%)などから高い支持を得た。一方、朴氏は共に民主党の支持層(88.1%)、大統領支持層(81.6%)、革新層(69.8%)などからの支持率が高かった。全年齢層で呉氏の支持率が高ったが、40代では呉氏が48.7%、朴氏が44.2%と僅差だった。中道層では呉氏の支持率が60.5%、朴氏が25.8%だった。

 当選の可能性を尋ねたところ、呉氏との回答は62.1%、朴氏との答えは28.2%だった。

 支持候補を決める要因としては、「政権審判・政権安定」との回答が32.4%で最も多く、次いで「政策と公約」(22.5%)、「道徳性」(13.1%)の順だった。

 次期ソウル市長が取り組むべき重点懸案としては「不動産市場の安定」(37.9%)が最多で、「経済活性化と雇用創出」(26.2%)、「江南・江北の均衡発展」(10.4%)などと続いた。

 政党支持率は国民の力が36.7%、共に民主党が27.5%だった。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は31.6%、不支持率は64.1%だった。

 一方、ソウル市長選と同日に行われる釜山市長選について、28~29日に釜山在住の1012人を対象に実施した支持率調査では、国民の力の朴亨ジュン(パク・ヒョンジュン)候補が51.1%、共に民主党の金栄春(キム・ヨンチュン)候補が32.1%の支持を得た。

選挙運動を行う金氏(左)と朴亨ジュン氏=30日、釜山(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。