Go to Contents Go to Navigation

ファイザー製ワクチン25万人分到着 75歳以上に接種へ=韓国

記事一覧 2021.03.31 13:50

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が米製薬大手ファイザーと直接契約した新型コロナウイルスワクチンの追加供給分が31日、韓国に到着した。

仁川空港に到着したワクチンを運ぶ関係者=31日、仁川(聯合ニュース)

 今回供給された25万人分(50万回分)のワクチンは、ドイツ・ケルンから中国・深センを経由して仁川国際空港に到着した。

 保管条件が厳しいファイザーのワクチンを運ぶため、振動を抑えて温度・湿度を一定に保つ特殊車両が準備され、軍と警察の護衛を受けて物流センターに向かった。

 政府がファイザーと直接契約したのは計1300万人分。24日に初回供給分の25万人分を受け取ったのに続き、この日さらに25万人分が到着したことで、計50万人分のワクチンを確保した。 

 政府は6月までに300万人分を新たに受け取る予定だ。全国の75歳以上の高齢者と高齢者施設の入所者・従事者が4月1日から接種を受ける。

 先に接種を受けた新型コロナ感染症の治療を行う病院の医療従事者には、ワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」が供給したファイザー製ワクチン5万8000人分が使われた。

 一方、政府がこれまでに確保したワクチンは計7900万人分だ。内訳はCOVAX1000万人分、英アストラゼネカ1000万人分、ファイザー1300万人分、米ヤンセンファーマ600万人分、米モデルナ2000万人分、米ノババックスが2000万人分となっている。

到着したワクチンを関係者が貨物機から下ろしている=31日、仁川(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。