Go to Contents Go to Navigation

「米中は選択の対象でない」 韓米同盟基盤に韓中関係も発展へ=韓国外相

政治 2021.03.31 13:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官が31日、国内メディア向けに記者会見した。米中の対立に関連して「米国と中国はいずれも韓国にとって大変重要な国」とし、「米中は選択の対象では決してない。米国、中国とも、われわれにそうした要求をしたこともない」と述べた。

記者団の質問に答える鄭長官=31日、ソウル(聯合ニュース)

 鄭氏は「米国は韓国の唯一の同盟で、(韓米)同盟は外交・安全保障政策の根幹」と強調。中国との関係についても「近しい隣人、最大の貿易相手国で、戦略的協力パートナー関係」と説明した。

 その上で「韓米の堅固な同盟関係を土台に韓中関係も調和を取りながら発展させていくというのが、わが政府の確固たる立場」と表明した。

 また、韓米日3カ国の安保担当高官による会合が米国で4月2日(現地時間)に開かれると言及した。3日(日本時間)には中国で韓中外相会談が開かれるが、これらの時期が重なったのは偶然だと答えた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。