Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 事実上の貿易停止続く=生活必需品などの物価不安定に

記事一覧 2021.03.31 17:04

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部当局者は31日、北朝鮮が新型コロナウイルスの影響で国境を封鎖したことについて、記者団に「厳しい防疫が続き、事実上の貿易停止状態が続いている」として、「1~2月はヒトとモノの往来が必要ない電力輸出を除けば貿易がほとんど行われていない」と明らかにした。

中朝国境地域にある丹東の税関(資料写真)=(聯合ニュース)

 統一部によると、1~2月の中朝貿易額は約327万ドル(約3億6200万円)で、このうち約324万ドルが電力貿易という。

 食糧など北朝鮮住民の生活に必要な生活必需品の輸入が断たれ、物価も不安定となっているもようだ。同当局者は「中国、ロシアとの貿易が停止し、中国産調味料の価格が急騰するなど、輸入食料品と生活必需品の物価が急騰した」と述べた。

 ただ、コメは北朝鮮当局が価格を管理しているため、比較的安定しているとみられる。

 北朝鮮が市場を閉鎖したとの情報については「市場を物理的に閉鎖したり、個人の商行為を禁止したりしているわけではない」と説明した。

 一方、統一部は最新の北朝鮮の権力機構図を発刊し、外郭機関に朝鮮外務省民族環境調整委員会と世界知的財産権機構民族調整委員会を追加した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。