Go to Contents Go to Navigation

韓国軍 大型攻撃ヘリを国外購入へ=掃海ヘリは国内開発

記事一覧 2021.03.31 21:03

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁は31日に開いた防衛事業推進委員会で、「アパッチ」級の大型攻撃ヘリコプターについては他国から購入する方式で、機雷除去などを行う海軍の掃海ヘリコプターは国内で研究開発する方式でそれぞれ導入することを決めた。

AH64Eを使った陸軍の射撃訓練(陸軍提供、資料写真)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 今回審議、議決された大型攻撃ヘリコプター2次事業については、2022年から28年までに総事業費約3兆1700億ウォン(約3100億円)が投じられる。新たに追加されるヘリコプターは36機ほどで、機種は入札などの手順を経て選ばれる予定だ。業界関係者はアパッチ級の攻撃ヘリが選ばれる可能性が高いとみている。

 韓国軍は2012~21年にかけて約1兆9000億ウォンを投じ、AH64E(アパッチ・ガーディアン)36機を配備する大型攻撃ヘリコプター1次事業を推進した。

 アパッチは北朝鮮軍の戦車やホバークラフトの接近を防ぐ任務を遂行する。

 同じくこの日の会議で審議、議決された掃海ヘリコプター事業には22年から30年までに総事業費8500億ウォンが投じられる。韓国航空宇宙産業(KAI)が製作した海兵隊の上陸機動ヘリコプター「マリンオン」を基に掃海ヘリコプターの国内開発が行われるとみられる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。