Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏が住宅建設現場を視察 先月25日に続き

北朝鮮 2021.04.01 09:11

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は1日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が平壌市内に建設予定の高級住宅団地の現場を視察したと伝えた。北朝鮮が短距離弾道ミサイルの発射実験を実施した先月25日にも同氏は平壌市内の住宅団地の建設現場を視察している。

イメージ図を見ながら幹部に指示する金正恩氏(中央)。朝鮮中央通信は1日、同氏が平壌市内の住宅建設現場を視察したと伝えた=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 中央通信は視察日を伝えていないが、これまでの報道を踏まえると前日の3月31日だったとみられる。前回の視察から6日後に再び住宅建設現場を訪れたことになる。国際社会が北朝鮮のミサイル発射問題を注視する中でも、金正恩氏が住宅不足の解決など住民の暮らしを気遣っている姿をアピールする狙いがありそうだ。

 中央通信によると、金正恩氏は党中央委員会の書記たちとともに、高句麗時代の城門、普通門に隣接する建設予定地を訪れ、人民の生活環境の改善に向け住宅建設の重要性を強調した。

 ここには、故金日成(キム・イルソン)主席が1970年代に主席宮(現・錦繍山太陽宮殿)に移るまで過ごしていた官邸があった。

 一方、北朝鮮は平壌に今年1万戸、2025年までに5万戸の住宅を建設するという目標を掲げている。

現場を見て回る金正恩氏(右端)。朝鮮中央通信は1日、同氏が平壌市内の住宅建設現場を視察したと伝えた=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。