Go to Contents Go to Navigation

10年の哨戒艦撃沈事件 大統領所属機関の調査開始=韓国

記事一覧 2021.04.01 14:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の大統領所属機関、軍死亡事故真相糾明委員会が2010年の海軍哨戒艦「天安」撃沈事件の調査開始を決めたことが1日、分かった。国防部は同委員会の調査開始決定について、「民軍合同調査団の調査結果を信頼しており、一貫した立場を表明してきた」と明らかにした。

海軍第2艦隊司令部に展示されている天安の船体(資料写真)=(聯合ニュース)

 同事件では乗組員104人中、46人が死亡した。

 民軍合同調査団は10年5月、天安が黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)に近い白ニョン島の南西海域で警戒任務中、北朝鮮の潜水艇の魚雷攻撃で沈没したとの調査結果を発表していた。

 軍死亡事故真相糾明委員会は昨年9月、同事件の真相究明を求める陳情を受け、同年12月に調査開始を決めた。

 陳情は天安が座礁したと主張していた男性が出した。戦死者の遺族らは強く反発している。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。