Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(4月1日)

◇新規コロナ感染者551人 2日連続500人超

 韓国の中央防疫対策本部は1日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から551人増え、累計10万3639人になったと発表した。市中感染が537人、海外からの入国者の感染が14人だった。1日当たりの新規感染者数は前日(506人)から45人増え、先月19日(561人)以来、41日ぶりの高水準となった。500人を上回るのは2日連続。

ソウル駅前の広場に設置された新型コロナウイルスの臨時検査所で、検体を採取する医療従事者=31日、ソウル(聯合ニュース)

◇釜山市の防疫レベル 第2段階に引き上げへ

 首都圏以外の地域で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、一部の地方自治体が政府の防疫対策「社会的距離の確保」のレベル引き上げを検討、または実施する予定であることが分かった。南部・釜山市は2日に現行の第1.5段階(上から4番目)から第2段階(同3番目)に引き上げる。政府の中央事故収拾本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長は会見で、釜山・慶尚南道以外では江原道や忠清道で再び感染者数が増加していると説明した。

◇ワクチンパスポート導入へ 今月にアプリ公開

 丁世均(チョン・セギュン)首相は、新型コロナウイルス感染症対応を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の会議で、ワクチン接種を証明する「ワクチンパスポート」を導入する方針を明らかにした。丁首相は今年初めから準備に着手し、スマートフォンを通じて手軽に証明できるシステム開発を完了したと伝えた。海外でも証明が可能で、個人情報は漏れない仕組みになっていると説明。今月中に開発したアプリを公開する計画を示した。

◇3月の輸出額16.6%増 5カ月連続プラス

 産業通商資源部は、韓国の3月の輸出額は前年同月比16.6%増の538億3000万ドル(約5兆9600億円)だったと発表した。5カ月連続で増加した。500億ウォンを超えるのは今年に入り初めて。前年同月比の伸び率は昨年10月のマイナス3.9%から11月に3.9%のプラスに転じ、12月が12.4%、今年1月が11.4%、2月が9.5%だった。3月の伸びはさらに拡大した。

◇ソウル市長選 最大野党候補が与党候補を20P超リード

 世論調査会社、リアルメーターが発表したソウル市長選(4月7日投開票)の投票前最後の調査結果によると、野党陣営の統一候補、保守系最大野党「国民の力」の呉世勲(オ・セフン)元ソウル市長の支持率は57.5%、革新系与党「共に民主党」候補の朴映宣(パク・ヨンソン)前中小ベンチャー企業部長官は36.0%だった。両候補の差は21.5ポイントとなった。

◇ソウル・釜山市長選 あすから期日前投票

 ソウル市長選、釜山市長選などの再・補欠選(4月7日投開票)の期日前投票が2日から始まるのを前に、与野党は一斉に支持層に投票を呼び掛けた。期日前投票は2~3日の午前6時から午後6時まで、再・補欠選が行われる地域の722の投票所で実施される。与野党はともに、期日前投票率が選挙の行方を左右する最大の要因になるとみている。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。