Go to Contents Go to Navigation

韓国首相 コロナ「第4波」を強く懸念

記事一覧 2021.04.02 10:06

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は2日、新型コロナウイルス感染症対応を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の会議で、近ごろの感染拡大傾向について「流行の『第4波』の入り口で息を整えているのではないかと心配になるほど、非常に危うい状況だ」と強い懸念を示した。

中央災難安全対策本部の会議を主宰する丁首相(国務総理室提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 丁氏は「1日当たりの新規感染者数が3日連続で500人台を記録し、首都圏だけでなくその他の地域でも感染拡大への懸念が大きい」と述べた。感染力が強い変異株の国内流入と市中感染の事例が増えている点にも言及した。

 今週末はキリスト教の復活祭(イースター)や墓参りなどで外出、移動する人が増えるとの見方を示した上で、「政府の取り組みだけでは第4波を防ぐことができない。いつにも増して国民の実践が切実に求められる」と感染予防の徹底を呼び掛けた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。