Go to Contents Go to Navigation

がん患者にコロナワクチンの接種呼び掛け 「治療中でも」=韓国学会

記事一覧 2021.04.02 15:17

【ソウル聯合ニュース】大韓腫瘍内科学会は2日、韓国国内のがん患者に向け、新型コロナウイルスワクチンの接種を積極的に受けるよう文書で呼び掛けた。「治療中のがん患者、がん治療を終えて追跡観察中の人、完治後の長期生存者ら、全ての人にワクチン接種を勧告する」としている。

大韓腫瘍内科学会ががん患者に向け、新型コロナウイルスワクチンの接種を積極的に受けるよう呼び掛けた=(聯合ニュースTV)

 学会は、がん患者は治療中かどうかにかかわらず、新型コロナのワクチン接種の優先対象者だと説明。抗がん治療を受けている人もワクチン接種は禁忌ではないとし、担当医と相談して適切な時期を決め、積極的に接種を受けるべきだと勧めた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。