Go to Contents Go to Navigation

経済界との意思疎通強化を指示 「当然の責務」=文大統領

記事一覧 2021.04.02 16:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2日、青瓦台(大統領府)の参謀会議で、「秘書室長や政策室長が企業人に会って苦情を聞き、企業活動を後押しすることは当然の責務」と強調した。青瓦台の康珉碩(カン・ミンソク)報道官が伝えた。

3月31日、ソウル市内で開かれた商工の日の記念式典に出席した文大統領(左)=(聯合ニュース)

 文大統領は過去、政経癒着という弊害があったことを指摘した上で、「(企業人と)会うこと自体をタブーにする必要はない」とし、「堂々と意思疎通をしてほしい」と述べた。

 文大統領は3月31日、就任後初めて「商工の日」の記念式典に出席し、秘書室長と政策室長に企業関係者と積極的に対話するよう指示していた。新型コロナウイルスの危機克服のほか、先導国家への飛躍のため、企業が求める規制革新問題を議論するなど、経済界と政府が積極的に意思疎通を図る必要があると判断しているとみられる。

 青瓦台は近く、秘書室長と政策室長を中心に企業関係者との交流の場を設ける方針だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。