Go to Contents Go to Navigation

きょう韓中外相会談 北朝鮮核問題や米中関係への言及に注目

記事一覧 2021.04.03 06:00

【ソウル、アモイ聯合ニュース】中国福建省のアモイを訪問中の鄭義溶(チョン・ウィヨン)韓国外交部長官が3日、同地で王毅国務委員兼外相と会談する。鄭氏の就任後、韓中外相会談が開催されるのは初めて。

鄭義溶氏(左)と王毅氏が初の外相会談を行う=(聯合ニュース)

 北朝鮮が弾道ミサイルを試射し、米国と中国がそれぞれの友好国を取り込みながら互いにけん制する動きを見せる中、今回の会談で北朝鮮核問題や米中関係についてどのような言及があるか注目される。

 前日中国入りした鄭氏はこの日午前に王氏と会談し、それぞれの関心事について意見交換する予定だ。

 特に鄭氏は、停滞している朝鮮半島平和プロセスの進展策について重点的に協議する考えで、北朝鮮による挑発行為の自制や対話再開のために、北朝鮮に対し強い影響力を持つ中国の役割に期待を示すとみられる。

 鄭氏は中国に出発する際、記者団に対し、「朝鮮半島平和プロセスの進展のためには中国との協力がとても重要だ」と述べた。

 会談では地域や国際社会での協力について議論する過程で米中関係に関する意見交換もあるとみられる。この中で中国側が米国を批判すれば、韓国に対する圧力として作用する可能性もある。

 鄭氏は会談後、王氏との昼食会に参加し午後に帰国する予定だ。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。