Go to Contents Go to Navigation

韓国でも悩まされる花粉症 花粉情報1日2回提供へ=気象庁

記事一覧 2021.04.04 16:23

【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁は4日、花粉情報を毎日2回提供すると発表した。花粉は韓国の成人の17.4%、青少年の36.6%が罹患(りかん)するアレルギー性鼻炎の主な要因となっている。

花粉濃度の危険指数予想(気象庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 マツとブナ科の花粉に関する情報は4~6月、雑草類は8~10月に気象庁の気象情報サイトで提供する。気象条件に基づいて、その日から3日間に予想される花粉濃度を、毎日午前6時と午後6時に4段階(低い、普通、高い、非常に高い)で案内する。

 同庁はまた、全国8都市の「花粉カレンダー」も国立気象科学院のホームページで提供する。2007~17年に観測された情報を基に、花粉症を引き起こす韓国の代表的な植物13種類について4段階(少ない、普通、多い、非常に多い)で花粉の飛散情報を伝える。

ソウルの花粉カレンダー(気象庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。